北部自立生活センター希輝々
〒905-0015  沖縄 おきなわ けん 名護 なご 大南 おおみなみ 4-8-32 1F TEL/FAX 0980-54-1559
トップページ
事業内容
活動内容
お問い合わせ マップ
事業 じぎょう 内容 ないよう  |  会費 かいひ 料金 りょうきん について
CIL らら 々の 名前 なまえ 由来 ゆらい
  ひと ひと 希望 きぼう にみちあふれている、その ひと らしくかがやき つづ けるようにとの おも いを めてその 名前 なまえ をつけました。

 
CIL らら とは、その 名前 なまえ だけではまだ 不足 ふそく で、 らら のロゴマーク2つ 一緒 いっしょ で、ひとつの 意味 いみ になります。

 
らら のロゴマーク 使 つか っているのは 王冠 おうかん です。 普通 ふつう 王冠 おうかん 特別 とくべつ なときに、 特別 とくべつ えら ばれた ひと のみにしかかぶることができません。(たとえば、 王様 おうさま 花嫁 はなよめ さんなど) しかし、 らら かんが かた は、その ひと いち にん いち にん 王冠 おうかん をかぶっている 特別 とくべつ ひと で、 特別 とくべつ にすばらしい 存在 そんざい であるということです。

  わたし たち
らら は3 にん からはじめました。 王冠 おうかん にうめこんでいる いし は、それぞれの きな いし をはめこみました。しかし、これからはその いし はたくさんの ひと たちの こころ くさり としてつながっていって しいと 希望 きぼう します。

  かたち として 王冠 おうかん はひとつです。ひとつの 王冠 おうかん なか はたくさんの こころ がつながってはじめてひとつの かたち つく っています。 わたし たちも いち にん いち にん ちが います。が、たくさんの 仲間 なかま とつながっています。 わたし たちはひとりの ひと であるけどたくさんの 仲間 なかま ささ えあって いま いきています。

  わたし たちはそういう あたた かい こころ くさり 地域 ちいき 社会 しゃかい ひと いち にん いち にん とつながっていきたいとつよくねがっているし、 いち にん いち にん いろ 大切 たいせつ に、その 人生 じんせい 、その ひと らしく、かがやき つづ けられたら・・・と こころ からおもい
らら という 名前 なまえ とマーク つく りました。
ピアカウンセリング
  当事 とうじ しゃ 方々 かたがた のはなしを 対等 たいとう 立場 たちば ち、 日常 にちじょう 生活 せいかつ のあらゆる 分野 ぶんや にかんする 情報 じょうほう 提供 ていきょう 精神 せいしん てき サポートをおこない、ノウハウを 提供 ていきょう します。
自立 じりつ 生活 せいかつ プログラム
  養護 ようご 学校 がっこう 施設 しせつ といった かたち 分離 ぶんり 収容 しゅうよう され、 管理 かんり 指導 しどう された 生活 せいかつ をおくってきた 障害 しょうがい しゃ にとって、 自立 じりつ して とも 社会 しゃかい 生活 せいかつ をおくろうとするためには、それなりの 準備 じゅんび 心構 こころがま えが 必要 ひつよう となります。

  たと えば、 だい 1に、 自己 じこ 選択 せんたく 自己 じこ 決定 けってい 自己 じこ 責任 せきにん とは なに か。
  だい 2に、 自立 じりつ 生活 せいかつ をおくるためにどういう 制度 せいど 利用 りよう したらよいか。
  だい 3に、 介助 かいじょ しゃ をどうさがすか、どのように 活用 かつよう するか。


 これらの 問題 もんだい 経験 けいけん ゆたかな 先輩 せんぱい 障害 しょうがい しゃ から まな び、 自分 じぶん なりの 趣味 しゅみ 社会 しゃかい 参加 さんか などをくみこみ、ライフスタイルを つく り、プログラムを 設定 せってい していきます。
フィールドトリップ ILP
  たの しみから つける 自立 じりつ 生活 せいかつ
介助 かいじょ しゃ 育成 いくせい
  とう センターを おな 理念 りねん をもつ 場所 ばしょ からの 講師 こうし 派遣 はけん により 日常 にちじょう 生活 せいかつ において、 当事 とうじ しゃ のできない 部分 ぶぶん 介助 かいじょ をどのようにするか、コミュニケーションをとりながら、ベストなやり かた まな うようにする。
介助 かいじょ サービス
体験 たいけん 学習 がくしゅう
  学生 がくせい 一般 いっぱん 対象 たいしょう とした、 身体 しんたい 視覚 しかく 聴覚 ちょうかく 障害 しょうがい 体験 たいけん をとおし、 障害 しょうがい をもっている ひと 気持 きも ち、 介助 かいじょ 仕方 しかた をまなんで 地域 ちいき 社会 しゃかい にでたときに、どうすればよいかを かんが えてもらう。
権利 けんり 擁護 ようご 運動 うんどう
  障害 しょうがい しゃ 地域 ちいき なか 生活 せいかつ する さい しょう じる 様々 さまざま 問題 もんだい たい し、 ひと として たり まえ 権利 けんり まも っていくための 活動 かつどう おこな っています。
障害 しょうがい しゃ 運動 うんどう
土地 とち 計画 けいかく 参画 さんかく 事業 じぎょう
  けん くに 建物 たてもの 土台 どだい っかるのではなく、 設計 せっけい 段階 だんかい から 参画 さんかく し、バリアフリーなどにつなげるため 活動 かつどう しています。
都道府県 とどうふけん 海外 かいがい のCIL 研修 けんしゅう
安全 あんぜん 歩道 ほどう 歩行 ほこう 運動 うんどう
  歩道 ほどう 障害 しょうがい しゃ 専用 せんよう 駐車 ちゅうしゃ じょう など、 迷惑 めいわく 駐車 ちゅうしゃ しゃ 看板 かんばん など、 障害 しょうがい ぶつ ふく 意識 いしき 改革 かいかく 運動 うんどう をします。
募金 ぼきん 活動 かつどう
  障害 しょうがい をもっていても、もっていなくても、 おな 人生 じんせい 他人 たにん めたレールの うえ ある くことは、すごく 人任 ひとまか せで らく です。

 でも、 自分 じぶん らしい かた つけ、いろいろなことを 経験 けいけん し、かんじ、 障害 しょうがい をもっていても、 自分 じぶん 人生 じんせい 自分 じぶん つく っていく。
  みずか ら、 ひと ひと つを 自己 じこ 選択 せんたく し、 自己 じこ 決定 けってい し、また、 自己 じこ 責任 せきにん つ。それによって、 人間 にんげん らしい かた 、あなたらしい かた つけられるはずです。

  北部 ほくぶ 自立 じりつ 生活 せいかつ センター らら は、 障害 しょうがい 当事 とうじ しゃ 視点 してん
障害 しょうがい しゃ 自立 じりつ をとらえ、 自立 じりつ 希望 きぼう しゃ 可能 かのう せい 最大限 さいだいげん 発揮 はっき できるよう、 いち にん いち にん によりそい、 とも にかんがえ、 最後 さいご まで 応援 おうえん していきたいと おも います。

  北部 ほくぶ 自立 じりつ 生活 せいかつ センター らら は、
会員 かいいん せい 団体 だんたい です。
じゅん 会員 かいいん 依頼 いらい しゃ 介助 かいじょ しゃ 会員 かいいん 会費 かいひ  
新規 しんき 会員 かいいん
入会 にゅうかい きん 2,000 えん 年会 ねんかい 3,000 えん けい 5,000 えん
すんで 会員 かいいん
年会 ねんかい のみ 3,000 えん
介助 かいじょ サービス 料金 りょうきん  
介助 かいじょ 時間 じかん たい
(かいじょ
じかんたい)
早朝 そうちょう
AM6:00
~
AM8:00
にち ちゅう
AM8:00
~
PM6:00
夜間 やかん
PM6:00
~
PM10:00
深夜 しんや
PM10:00
~
AM6:00
チケット りょう 1 時間 じかん
1,200 えん
1 時間 じかん
1,000 えん
1 時間 じかん
1,200 えん
1 時間 じかん
1,400 えん
30 ふん
600 えん
30 ふん
500 えん
30 ふん
600 えん
30 ふん
700 えん
宿泊 しゅくはく
8 時間 じかん  6,500 えん
備考 びこう
介助 かいじょ サービスは、 事前 じぜん にチケットを 購入 こうにゅう していただきます。
上記 じょうき チケット りょう 内訳 うちわけ として、 かく 料金 りょうきん から1 時間 じかん チケットは100 えん 、30 ふん チケットは50 えん 事務 じむ 手数料 てすうりょう として、 のこ りが 介助 かいじょ りょう として 介助 かいじょ しゃ 支払 しはら われます。
30 ふん チケットは、 制度 せいど べつ チケットを 使 つか い、1 時間 じかん 以上 いじょう から 使用 しよう できます。30 ふん チケット1 まい のみでは 使用 しよう できませんのでご 注意 ちゅうい ください。
賛助 さんじょ 会員 かいいん 会費 かいひ  
個人 こじん 一口 ひとくち  5,000 えん
団体 だんたい 大口 おおぐち  10,000 えん
一番 いちばん うえ もど ります
Copyright  北部 ほくぶ 自立 じりつ 生活 せいかつ センター らら 々 2010. All Rights Reserved.