北部自立生活センター希輝々
〒905-0015 沖縄おきなわけん名護なご大南おおみなみ4-8-32 1F TEL/FAX 0980-54-1559
トップページ
事業内容
活動内容
お問い合わせ マップ
事業じぎょう内容ないよう | 会費かいひ料金りょうきんについて
CILらら々の名前なまえ由来ゆらい
 ひとひと希望きぼうにみちあふれている、そのひとらしくかがやきつづけるようにとのおもいをめてその名前なまえをつけました。

 
CILららとは、その名前なまえだけではまだ不足ふそくで、ららのロゴマーク2つ一緒いっしょで、ひとつの意味いみになります。

 
ららのロゴマーク使つかっているのは王冠おうかんです。普通ふつう王冠おうかん特別とくべつなときに、特別とくべつえらばれたひとのみにしかかぶることができません。(たとえば、王様おうさま花嫁はなよめさんなど) しかし、ららかんがかたは、そのひといちにんいちにん王冠おうかんをかぶっている特別とくべつひとで、特別とくべつにすばらしい存在そんざいであるということです。

 わたしたち
ららは3にんからはじめました。王冠おうかんにうめこんでいるいしは、それぞれのきないしをはめこみました。しかし、これからはそのいしはたくさんのひとたちのこころくさりとしてつながっていってしいと希望きぼうします。

 かたちとして王冠おうかんはひとつです。ひとつの王冠おうかんなかはたくさんのこころがつながってはじめてひとつのかたちつくっています。わたしたちもいちにんいちにんちがいます。が、たくさんの仲間なかまとつながっています。わたしたちはひとりのひとであるけどたくさんの仲間なかまささえあっていまいきています。

 わたしたちはそういうあたたかいこころくさり地域ちいき社会しゃかいひといちにんいちにんとつながっていきたいとつよくねがっているし、いちにんいちにんいろ大切たいせつに、その人生じんせい、そのひとらしく、かがやきつづけられたら・・・とこころからおもい
ららという名前なまえとマークつくりました。
ピアカウンセリング
 当事とうじしゃ方々かたがたのはなしを対等たいとう立場たちばち、日常にちじょう生活せいかつのあらゆる分野ぶんやにかんする情報じょうほう提供ていきょう精神せいしんてきサポートをおこない、ノウハウを提供ていきょうします。
自立じりつ生活せいかつプログラム
 養護ようご学校がっこう施設しせつといったかたち分離ぶんり収容しゅうようされ、管理かんり指導しどうされた生活せいかつをおくってきた障害しょうがいしゃにとって、自立じりつしてとも社会しゃかい生活せいかつをおくろうとするためには、それなりの準備じゅんび心構こころがまえが必要ひつようとなります。

 たとえば、だい1に、自己じこ選択せんたく自己じこ決定けってい自己じこ責任せきにんとはなにか。
 だい2に、自立じりつ生活せいかつをおくるためにどういう制度せいど利用りようしたらよいか。
 だい3に、介助かいじょしゃをどうさがすか、どのように活用かつようするか。


 これらの問題もんだい経験けいけんゆたかな先輩せんぱい障害しょうがいしゃからまなび、自分じぶんなりの趣味しゅみ社会しゃかい参加さんかなどをくみこみ、ライフスタイルをつくり、プログラムを設定せっていしていきます。
フィールドトリップ ILP
 たのしみからつける自立じりつ生活せいかつ
介助かいじょしゃ育成いくせい
 とうセンターをおな理念りねんをもつ場所ばしょからの講師こうし派遣はけんにより日常にちじょう生活せいかつにおいて、当事とうじしゃのできない部分ぶぶん介助かいじょをどのようにするか、コミュニケーションをとりながら、ベストなやりかたまなうようにする。
介助かいじょサービス
体験たいけん学習がくしゅう
 学生がくせい一般いっぱん対象たいしょうとした、身体しんたい視覚しかく聴覚ちょうかく障害しょうがい体験たいけんをとおし、障害しょうがいをもっているひと気持きもち、介助かいじょ仕方しかたをまなんで地域ちいき社会しゃかいにでたときに、どうすればよいかをかんがえてもらう。
権利けんり擁護ようご運動うんどう
 障害しょうがいしゃ地域ちいきなか生活せいかつするさいしょうじる様々さまざま問題もんだいたいし、ひととしてたりまえ権利けんりまもっていくための活動かつどうおこなっています。
障害しょうがいしゃ運動うんどう
土地とち計画けいかく参画さんかく事業じぎょう
 けんくに建物たてもの土台どだいっかるのではなく、設計せっけい段階だんかいから参画さんかくし、バリアフリーなどにつなげるため活動かつどうしています。
都道府県とどうふけん海外かいがいのCIL研修けんしゅう
安全あんぜん歩道ほどう歩行ほこう運動うんどう
 歩道ほどう障害しょうがいしゃ専用せんよう駐車ちゅうしゃじょうなど、迷惑めいわく駐車ちゅうしゃしゃ看板かんばんなど、障害しょうがいぶつふく意識いしき改革かいかく運動うんどうをします。
募金ぼきん活動かつどう
 障害しょうがいをもっていても、もっていなくても、おな人生じんせい他人たにんめたレールのうえあるくことは、すごく人任ひとまかせでらくです。

 でも、自分じぶんらしいかたつけ、いろいろなことを経験けいけんし、かんじ、障害しょうがいをもっていても、自分じぶん人生じんせい自分じぶんつくっていく。
 みずから、ひとひとつを自己じこ選択せんたくし、自己じこ決定けっていし、また、自己じこ責任せきにんつ。それによって、人間にんげんらしいかた、あなたらしいかたつけられるはずです。

 北部ほくぶ自立じりつ生活せいかつセンターららは、障害しょうがい当事とうじしゃ視点してん
障害しょうがいしゃ自立じりつをとらえ、自立じりつ希望きぼうしゃ可能かのうせい最大限さいだいげん発揮はっきできるよう、いちにんいちにんによりそい、ともにかんがえ、最後さいごまで応援おうえんしていきたいとおもいます。

 北部ほくぶ自立じりつ生活せいかつセンターららは、
会員かいいんせい団体だんたいです。
じゅん会員かいいん依頼いらいしゃ介助かいじょしゃ会員かいいん会費かいひ 
新規しんき会員かいいん
入会にゅうかいきん 2,000えん年会ねんかい 3,000えんけい 5,000えん
すんで会員かいいん
年会ねんかいのみ 3,000えん
介助かいじょサービス料金りょうきん 
介助かいじょ時間じかんたい
(かいじょ
じかんたい)
早朝そうちょう
AM6:00
~
AM8:00
にちちゅう
AM8:00
~
PM6:00
夜間やかん
PM6:00
~
PM10:00
深夜しんや
PM10:00
~
AM6:00
チケットりょう 1時間じかん
1,200えん
1時間じかん
1,000えん
1時間じかん
1,200えん
1時間じかん
1,400えん
30ふん
600えん
30ふん
500えん
30ふん
600えん
30ふん
700えん
宿泊しゅくはく
8時間じかん 6,500えん
備考びこう
介助かいじょサービスは、事前じぜんにチケットを購入こうにゅうしていただきます。
上記じょうきチケットりょう内訳うちわけとして、かく料金りょうきんから1時間じかんチケットは100えん、30ふんチケットは50えん事務じむ手数料てすうりょうとして、のこりが介助かいじょりょうとして介助かいじょしゃ支払しはらわれます。
30ふんチケットは、制度せいどべつチケットを使つかい、1時間じかん以上いじょうから使用しようできます。30ふんチケット1まいのみでは使用しようできませんのでご注意ちゅういください。
賛助さんじょ会員かいいん会費かいひ 
個人こじん 一口ひとくち 5,000えん
団体だんたい 大口おおぐち 10,000えん
一番いちばんうえもどります
Copyright 北部ほくぶ自立じりつ生活せいかつセンター らら々 2010. All Rights Reserved.